CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< しばらーく | main | 休み過ぎた! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
4人目・原扶貴子さん
KAKUTAの女優さん。KAKUTAは田村友佳ちゃんと長らく知り合いで観に行くようになりました。
何度か観るうちに、私に空前の「ふきちゃんブーム」が訪れたのです。
ファンですということを伝え、そのうちよろよろと仲良くなりました。今もまだよろよろした友達ですが今後ともよろしくお願いいたします。しかし痩せた。最初わかんなかった。
私の田村との出会いエピソードを話したり、バラちゃん(KAKUTAの主宰)のかっこいいエピソードを聞いたりして楽しく過ごした数時間でございました。私劇団員が主宰に対して信頼感強い話聞くの大好き。涙出るよね。素敵よね。
お誕生日プレゼントにすごくかわいいものいただきました。大事にします。ありがとう。アイスの方が安いんじゃない?

あ、今回も下北沢店でした。

では「シュレックスワール(フェアメニュー)」(カップ)の感想と、言いたいこと
をどうぞ。


『チャンラ−ン!
まずは、林家こん平師匠からのご挨拶でした。

そして、
お誕生日おめでとうございまーす。
これは歌丸師匠と私から。

SO!そもそもこの「31」企画はあなたのお誕生日あってのことですもの。
贈り物、気に入って頂けたならうれしいわ。
私は黙っておごってもらうだけの女じゃないのよ。おほほ。抱き合うときでさえ、その回した手で相手の肩のツボを刺激する女でもあるんだから!(色気ねー)
だからお誕生日と聞いては黙っていられませんの。
あ、全然関係ないけど、私の友達は大好きだった彼と初めて接吻した時に気が動転してしまい、「接吻のお礼に・・」って彼の背中に手を当てて「気」を入れてあげたらしいよ。あらあら本当に関係ない話になっちゃったね。
つまりは、まずはおめでとうってことなのヌン。

それにしても。
終演後の打ち上げでもなく、素面で、面と向かって、ちゃんと、おしゃべりするのは初めてだったんじゃないかしら。
「よろよろした友達関係」まさに、言い得て妙!ですな。

そんで。
可愛いB.G.(バースディガール、つまりマリちゃんのことな)とよろよろアイス食べました。
私がチャレンジした「シュレックスワール」ってアイスは映画『シュレック』にちなんだやつで、シュレック本体の緑色とあのロバ(名前忘れた)の紫色(そもそもロバって紫色だっけ?)がマーブル状にミックスされたアイスで、到底食べ物とは思えないアメリカンなどぎつさ!アメリカの子供たちがもう虫歯だらけになっても食べてるって感じの色でね。実はこういうの嫌いじゃなくて(ゼリービーンズとかも大好きだし)、最初はもう少しどぎつい「プリンセスフィオナ」っていう紫&ピンクのアイスを食べるつもりだったんだけど、店ん中見ているうちに気ぃ変わった。なんと「シュレックスワール」の方には昔懐かしい「ドンパチ」(ドンパチ食べて子供が死んだって話を教えてくれてありがとう)が混ぜ込んであるのに気づいて、それでマリちゃんとひゃーってなって、おまけにその混ぜ込んである様子が昔ロッテから出ていた「宝石箱」ってアイスの中に入っていた赤や緑の氷の粒に似ているってことでさらにひゃーひゃーってなったんだよね。
私はあの時のひゃーひゃーの感覚がすごくよろしくて、よろよろした友達関係も悪くないなぁ、と思っていたわけです。
マリちゃんはチョコアイス(長靴をはいた猫アイス)を食べていらっしゃったね。
「チョコアイスは溶けるのが早い」といいながら。またまた雑学ありがとう。

んで。
シュレックのお味(あ、アイスの方ね)は、緑=メロン、紫=ブドウのミックス加減がなんともいえず、そしてその甘さの中にドンパチが弾けて、お口は大パニック!
うぅ〜ん、最高☆☆☆
食べ物において食感やらお口の中の感じやらを重視する私としては、もう言う事ナ
ス!
ご馳走さま。
おいしかった。
女の子と「31」アイスなんて本当に久しぶり。そんな感覚もひっくるめておいしく味わいました。
そんでその女の子というのが2人とも「31」っていうのも、「31」にまみれててい
い。

てへ。

でさ。
今、KAKUTA朗読公演を控えての稽古中なの。
「女の夜」っていうタイトルで、読み本は川上弘美さんの『神様』と『おめでとう』
から。大好きな作家さんなので私もハッスルしてます。
今回のゲストは「サザエさん」の舟役でおなじみの麻生美代子さん。
この麻生さんがね・・・はぁ。
あんなに素敵な方とご一緒できるなんて、きっと前世でよいことをしたのでしょう
よ、わたし。
ありがとう、昔のわたし。
てな訳で8/16(月)〜8/23(月)まで、毎夜19時に恵比寿のsiteってギャラリー
で開演します。
劇場ではないので詳しい地図はKAKUTAのサイトを見てちょうだいな。

麻生さんとKAKUTAの女たちがてぐすねひいて待っております。
秘めやかな女の夜。
しっぽりと、ね。

それにしても長くなってしまったね、すまんの。
ともかく第4回目の「31」企画。存分に楽しませて頂きましたわん。

「またこのような機会をもちたいものですね。」

ではまた。
お体ご自愛くださいませ。
今秋の公演、楽しみにしておりまする。

KAKUTA・原 扶貴子』
| - | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:45 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://age31.jugem.cc/trackback/11
トラックバック